ひめポン!「丹がおじゃ町ま〜す!」に企画展「こわいものみたさ」が紹介されました。

5月 23
Posted by kahakun Filed in お知らせ, 特別展・企画展・巡回展

NHKひめポン!に、科博の企画展「こわいものみたさ」が紹介されました。

恐怖を体験してもらうために、お化け屋敷風の幽霊船を仕立て、船長のミッション(指令)をクリアしたものだけが、呪いをかけられてゾンビになっていた自分を、人間に戻すことができるというストーリーです。

入ったところでいきなりゾンビになってしまいます。はたしてあなたは船長の呪いを解くことができるでしょうか………

恐怖を体験した後には、恐怖とは何か、なぜ恐怖を感じるのか、怖いのになぜ見たいのかなどなど「恐怖を科学する」コーナーがあります。ぜひ体験して恐怖の秘密をご覧になってください。

ちなみに、番組のオープニングでは科博のスタッフがゾンビになりきって出演しました。

(企画:伊藤)



企画展「こわいものみたさ〜恐怖を科学する〜」が始まります!

4月 17
Posted by kahakun Filed in 特別展・企画展・巡回展


皆さんは、怖いと思うものがありますか?怖いのに知りたい・見たいと思ってしまうことはありませんか?この春、科博では「怖い」と「知りたい」の感情を、体験を通して科学的に解説する企画展「こわいものみたさ」を開催します。幽霊船を探検しながら、暗闇での感覚や恐怖を体験し、怖いや知りたいという感情の理由を確かめてみませんか?

幽霊船で恐怖を体験

Story

ゾーン1:甲板

まず最初にしなければならにことは、いくつかのボックスから金貨を見つけだすこと!金貨が入っているボックスはどれ?金貨以外には一体何が入っているのでしょう?ちょっと怖いけど、探ってみたい…そんな気持ちを体験してください。

ゾーン2:暗い通路

真っ暗な通路を手探りで進んでいきます。視覚以外の感覚が頼りです。床や壁には何か仕掛けがしてあるかも!?

ゾーン3:壁に掛けられた絵画

真っ暗な通路を抜けると、壁にいくつもの絵画がかけられています。でも、ただの絵画とはどこかが違う…!?どんな絵画なのか、その目でしっかり確かめてみてください。

ゾーン4:のぞいてみると…

さらに進んでいくと望遠鏡や怪しげなカーテンがかかっている場所が…。のぞいてみると、そこには何があるのでしょうか?勇気を出して見てみましょう。

ゾーン5:船長室への通路

目的の船長室までもう少し。ですが、ここでも少し不気味なものたちが、あなたを待ちかまえているようです。

ゾーン6:船長室

様々な恐怖を体験し、ようやく最後の船長室です。指定の場所に金貨を届け、無事にミッションクリア!…となるでしょうか。

「こわいものみたさの正体」

幽霊船で恐怖を体験したあとは、「人はなぜ怖いと思うのか」、「怖いという感情はどういうことか」、「怖いと逃げたくなるはずなのに、怖いものを見たくなるのはなぜなのか」など、幽霊船を通して感じた恐怖や、暗闇の中での体験について、パネル展示などで科学的に解説します。そして、恐怖を感じる側から、恐怖を感じさせる側の体験もできるかも!?ぜひ、この春は、「こわいものみたさ」を体験しに来てください。

博物館HP https://www.i-kahaku.jp/exhibition/2019/kowaimono/index.html

(企画伊藤)博物館だよりNo.85を再編集(原文:企画角田)

ワークショップ「キレイな石のつかみとり」「オリジナルの香りを作ろう」が始まりました!▶▶企画展「元素周期表発見150年 元素のマトリックス 〜星々から生命への贈り物〜」関連ワークショップ

2月 26

先週土曜日(2/23)から、企画展「元素周期表発見150年 元素のマトリックス 〜星々から生命への贈り物〜」が始まりました。その関連ワークショップとして、「キレイな石のつかみとり」「オリジナルの香りを作ろう」も始まりましたよ!

ワークショップ「キレイな石のつかみとり」
かわいい小瓶にキレイな石を詰めて持ち帰ろう。
企画展開催中(平成31年2月23日~4月7日)の土曜日・日曜日・祝日
10:30~12:00、13:30~15:00
■参加費:400円
※材料が無くなり次第終了します。
ワークショップ「オリジナルの香りを作ろう」
お気に入りの香りを作っていやされよう。
企画展開催中(平成31年2月23日~4月7日)の土曜日
13:30~15:00
■場所:エントランスホール
■参加費:300円
※材料が無くなり次第終了します。

初日からたくさんの方のご来場くださり、楽しんでいただきました。以下、作り方の紹介も兼ねてワークショップの様子をお知らせしますね。(クリックすると大きくなります。)

ワークショップに使っているほとんどの石は、石英に鉄や銅、雲母などの鉱物が混じり込んでいろいろな色がついているのだそうです。どの色も透明感があってキレイで、最後の一個までどれを詰めようか迷っている人がたくさんいました。オリジナルの香りも、匂いにつられてやってきた人もいて、組合せによっていろいろな香りができることに興味を持っていたようでした。このワークショップは、企画展の開催中の土日祝にやっていますので、みなさんお誘い合わせの上おいでください。お待ちしております。(企画・伊藤)

「葉っぱをくんくん!植物の香り」▶▶▶▶▶▶▶▶▶▶▶▶▶企画展「葉で見分ける常緑樹」関連ワークショップ

1月 19

冬の企画展「葉で見分ける常緑樹」と「野生の王国ケニア」も残すところあと9日間となりました。

今日(1/19)は、企画展「葉で見分ける常緑樹」の関連ワークショップ「葉っぱをくんくん!植物の香り」を開催します。

葉をモミモミして、クシャクシャしてにおいをかいでみよう。どんなにおいがするかな。どれが違うにおいで、どれが仲間のにおいかな。植物のにおいの秘密はどこにあるのかな。

みんなで集まってクンクンしてみよう。

—————————————————————————–

企画展「葉で見分ける常緑樹」関連イベント
葉っぱをくんくん!植物の香り
平成30年12月8日(土)平成31年1月19日(土)
各日13:00~13:30
葉っぱのにおいについて、学芸員が分かりやすくご紹介します。

—————————————————————————–

さて、企画展「葉で見分ける常緑樹」ですが、見ていただいたら分かるように、たくさんの常緑樹の標本が一堂に集められています。新鮮な状態で見られるように、この展覧会のために学芸員が新たに標本にしたものです。標本作りは手間と時間がかかります。その代わりきちんと作製されれば100年単位で後世に残すことができます。標本の在り方もしっかりとご覧ください。

この展覧会は「見分け」がポイントなので、「似たもの」「仲間」を近くに集めて、それぞれの「違い」説明する手法を取っています。解説文も身近なものになぞらえてやさしくたのしいものになっています。今まで知らなかったことにもいっぱい気づかせてくれます。これからはなんとなく見過ごしていることも、ちょっと気をつけて見てみようっていう気持ちになりそうな展覧会ですね。(企画・伊藤)

【冬の企画展】野性の王国ケニア展

12月 13
Posted by kahakun Filed in お知らせ, 特別展・企画展・巡回展

科博冬の企画展もクリスマスで会期の半ばを迎えます。

たくさんの方にご来場いただきありがとうございます。

今回は「野生の王国ケニア展」の様子をご紹介します。

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

野生の王国ケニア展では、学芸員が現地に赴いて撮影した写真に加えて、博物館やとべ動物園などからお借りしたはく製、頭骨などを展示しています。

マサイ族の生活の様子を紹介したり、槍や衣装を身にまとってのなりきりコーナーもあります。サバンナのパネル写真を背景に記念写真を撮影してみてください。

その他、現地に行ってもめったに会えないヒョウなどめずらしい写真をたくさん展示しております。

ぜひご家族やご友人と一緒にご来場ください。(企画・伊藤)

──────────────────────────────────────────

開催期間 11/23~2019/1/27
開館時間 9:00~17:30(入館は17:00まで)
※12/22~24はイベントのため21:00まで開館
入場には常設展示観覧券の購入が必要です。

──────────────────────────────────────────