愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
企画展「自然を記録しよう!標本の作り方」「理科室の宝物」
プラネタリウム新番組(2020年3月20日~)
プラネタリウム 科博ブログ
SNS
学ぶ
借りる
資料利用
記録資料
学芸員のおもしろ実験&研究
博物館だより
友の会
かはくボランティア
アンケートの回答
科博の各種リーフレットを
ダウンロードいただけます。
  • 愛媛県総合科学博物館 施設概要
    Download of Museum Guide
日本語 | English
2019年度 年間行事予定 自然館展示解説書
「動く恐竜」が動画で見られるよ!
クリックで動画が再生されます。
かはくレストラン&ミュージアムショップのご案内
指定管理運営について
愛媛県総合科学博物館
〒792-0060
愛媛県新居浜市大生院2133-2
TEL:0897-40-4100(代表)

FAX:0897-40-4101
メールでのお問い合わせはこちら
このホームページは、愛媛県総合科学博物館を紹介するだけでなく、子どもからお年寄りまで、多くの人々に、科学することの大切さやすばらしさを分かっていただきたいと願って開設しております。皆様からのアイデアやご意見ご感想をお待ちしております。
科博ブログ
携帯からもご覧いただけます!
上のQRコードをご利用になるか、
http://www.i-kahaku.jp/blog/
のアドレスを直接入力してください。
開館日カレンダーはこちら
お知らせ
新しい常設展示のご案内
スケジュール
タイムスケジュール
年間スケジュール
季節に合わせた様々な工作・体験イベントを、定期的に実施中。詳しくはこちら

展示案内 常設展示はこちら
企画展
自然を記録しよう!標本の作り方
2020年2月22日(土)4月5日(日)
動植物や岩石などの標本のつくり方や道具を紹介するとともに、標本だからこそ分かる特徴や情報の見方、古い標本から分かる自然環境などについて紹介し、身近な自然を記録することの意味と大切さについて解説します。
  詳しくはこちら

企画展
理科室の宝物―学校収蔵標本から地域の自然を再考する―
2020年2月22日(土)4月5日(日)
戦前より学校で収集・保存され、現在では入手が困難な動物・植物の貴重な標本を展示するとともに、古い標本の価値を再評価し、調査・研究に活用した事例について紹介します。
  詳しくはこちら

プラネタリウム プラネタリウム
プラネタリウム企画
ほしぞらパレット
2020年



1月31日(金)16:00~16:45
2月1日(土)16:30~17:15
2月28日(金)16:00~16:45
2月29日(土)16:30~17:15
スタッフによるライブ投影(生解説)で、今夜の星空と、その時々の天文トピックスをご紹介します。
1月、2月のテーマは「星の一生」。冬空で見られる、星が生まれる場所や一生を終えた星の姿などをご紹介します。
  詳しくはこちら[PDF:304KB]

プラネタリウム企画
キッズプラネタリウム
2020年2月22日(土)~24日(月・祝)
各日12:00~12:45
小さなお子様向けの、クイズやゲームを交えた星座解説です。
わいわい騒いでも大丈夫!
楽しくプラネタリウムデビューしましょう★
星座解説の後は、プラネタリウム番組「新・恐竜大進撃」を投影します。
※投影時間は約45分です。
※番組投影中はなるべくお静かにご覧ください。
  詳しくはこちら[PDF:214KB]

予告
プラネタリウム企画
チャレンジ!カハク☆ラビリンス
2020年3月20日(金・祝)~22日(日)
各日13:30~14:15
2019年開館記念日特別企画のリバイバル投影!
かはくオリジナルの参加型プラネタリウム企画です。
博物館4階にある展示に関するクイズやゲームを解きながら、星空や宇宙について学ぼう!
※クイズやゲームを交えた参加型のプラネタリウム企画です。
※番組の投影はありません。
  詳しくはこちら[PDF:412KB]

3月20日(金・祝)投影開始!
©Saint-Etienne Planetarium Production
新番組
「ポラリス2 ―ルシアと流れ星の秘密―
シロクマのレナードとペンギンのジェームズが帰ってきた!
オーロラの謎を解いたのも束の間、ポラリス号にいん石がぶつかっていきなりピンチ!!
流れ星の謎を解くため、月に、小惑星に・・・え?!彗星も!
伝説の「光の石」を探すハチドリのルシアも仲間に加わり、凸凹コンビが新たなミッションに挑みます!
  詳しくはこちら

©2017 NHK ENTERPRISES
「新・恐竜大進撃」
ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!
私たちが住むこの日本にも恐竜たちの王国がありました。日本の恐竜史上最大級の丹波竜。その大きさは全長10数メートルにも。丹波竜はのんびり動かない超スローライフを送っていたことが判明しました。弱肉強食の恐竜世界で、どうやってスローライフを実現させたのでしょうか?
さらに最新の研究によってティラノサウルスの謎が明らかになってきました。
恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!
  詳しくはこちら

©nWave Pictures
「ナットのスペースアドベンチャー」
1969年、アポロ11号に乗った宇宙飛行士がはじめて月面に第一歩をしるした。でも、実はそのとき、そこにいたのは人間だけじゃなかったんだ。一体、誰が月に行ったのかって? それは……。
ある日、ナットは親友のIQとスクーターに重大な決意を伝える。
「ボクは月に行く。みんなも一緒だ」
もうすぐロケットが打ち上げられる。オモチャじゃない、本物のロケットだ。あのロケットにもぐりこんで、月を目指そう! ナット、IQ、スクーターの大冒険が今、始まる。
  詳しくはこちら

(C) Moomin Characters TM
「ムーミン谷のオーロラ」
ムーミンが冬眠から目覚めると、ムーミン谷は深い雪の中。春がまだ来ていないのです。しかもムーミンママだけ眠りについたまま、目を覚まそうとしません。さあムーミンたちは、ムーミン谷に春を呼び戻すことができるのでしょうか?そしてママの目を覚ましてあげることができるのでしょうか?
  詳しくはこちら

参加しよう!
予告
2020年度 博物館講座
自然観察会1「タンポポの観察」
2020年4月11日(土)
13:30~15:30
博物館の裏山で見ることのできるタンポポを観察します。
※事前申し込みが必要です。
  詳しくはこちら

サイエンスショー
グルグル!カタカタ?歯車&カムの大実験
2020年1月11日(土)4月12日(日)
私たちの身の回りにある機械の中には歯車やベアリング(軸受け)、カムなどの部品がグルグル、カタカタと動いています。今回のサイエンスショーでは、歯車やカムなどの動くヒミツを実験で紹介します。
  詳しくはこちら

みんなで一緒に!恐竜体操
日曜・祝日 15:30~15:45
動く恐竜と一緒に体操をしよう!
  詳しくはこちら

2019年度「博物館講座 申し込み受け付け中」
自然・天文・科学・産業分野の各講座について、参加者を募集中です。 詳しくはこちら

お知らせ
平成31年度から5年間を計画期間とする、次期博物館中期運営計画を策定しました。
詳しくはこちら
消費税増税に伴い、2019年10月1日より観覧料等の料金が変更となります。
詳しくはこちら
第5回 中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会の結果をお知らせします。
詳しくはこちら
敷地内禁煙の実施について(2020年4月1日~)
詳しくはこちら
2020.02.19 プラネタリウム企画「チャレンジ!カハク☆ラビリンス」[PDF:412KB]の内容をご覧いただけます。
2020.02.17 2020年度 博物館講座 自然観察会1「タンポポの観察」の内容をご覧いただけます。
2020.02.13 「プラネタリウム」の内容を更新しました。
2020.01.24 プラネタリウム企画「キッズプラネタリウム」[PDF:214KB]の内容をご覧いただけます。
2020.01.17 企画展「自然を記録しよう!標本の作り方」、企画展「理科室の宝物―学校収蔵標本から地域の自然を再考する―」の詳細をご覧いただけます。
プラネタリウム企画「ほしぞらパレット」[PDF:304KB]の内容をご覧いただけます。
2019.12.19 サイエンスショー「グルグル!カタカタ?歯車&カムの大実験」の内容をご覧いただけます。
2019.11.22 常設展に新しい展示物が加わりました。
2019.05.22 平成30年度博物館資料の利用状況及び受入状況の詳細をご覧いただけます。
  お知らせ一覧はこちら
リンク集
個人情報の取り扱いについて
このホームページへのリンクについて
twitter運用ポリシー

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)