イベント・学習博物館実習

令和2年度博物館実習は終了いたしました。
令和3年度の博物館実習の申込みは、令和3年4月1日からの予定です。

募集概要

  1. ①趣旨

    愛媛県総合科学博物館において、博物館法施行規則第1条の規定に基づく博物館実習(以下「実習」という。)を希望する者の受入れに関し必要な事項を定める。

  2. ②対象者

    博物館法第5条第1項第1号に規定する学芸員資格を取得しようとする者で、次の1から3の条件を満たすものでなければならない。

    • 学士を有する者、あるいは当該年度に学士の学位を習得見込みの者
    • 原則として、本館の学芸部門領域の自然史分野(生物・地学)、科学技術分野(物理・化学)、産業分野(産業技術等)を専攻する者が望ましいが、愛媛県総合科学博物館長(以下「館長」という。)が特に承認した学生についてはこの限りではない
    • 博物館法施行規則第1条および附則(平成27年10月2日文部科学省令第34号)に規定する科目のうち実習を除く全ての単位を修得済みの者又は当該年度中に修得見込みの者
    • パソコンの基本操作(Word, Excel, Powerpoint等)ができる者
  3. ③受入れ人数

    原則として5名程度とする。

  4. ④受入れ期間

    原則として8月下旬から9月中旬までの間の12日以内とする。

  5. ⑤実習時間

    90時間以内とする。

  6. ⑥申し込み方法

    大学の学長若しくは学部長(以下「学長等」という。)は、その所属する学生のうち実習を希望する者について、次により館長に提出しなければならない。

    〈提出書類〉

    申し込み期間:2020年4月1日から4月30日まで

  7. ⑦受け入れ決定等

    • 館長は、申込書の提出を受けた場合において、希望者が条件を満たす者であることを認めたときは、選考のうえ実習生を 決定し、5月31日までに学長等に通知する。
    • 学長等は、決定通知を受けた場合において、次により館長に提出しなければならない。
    〈提出書類〉
    • 博物館実習生個票(様式4)
    • 大学で作成した博物館実習録(実習日誌・出席簿・事前事後指導内容などが記載されているもの)
    • 大学で作成した実習の修了を証明・評価する実習評価書の書類様式

    提出期限:2020年6月30日

  8. ⑧カリキュラム

    博物館で作成する。

  9. ⑨経費の徴収

    実習に要する実費は、実習生から徴収する。

  10. ⑩そのほか

    この要領に定めるもののほか、実習生の受入れに関し必要な事項は別に定める。

博物館実習の実施報告

博物館実習の
お問い合わせ・申し込み先

〒792-0060 愛媛県新居浜市大生院2133-2

愛媛県総合科学博物館 企画普及グループ [担当]立岩

TEL:0897-40-4104