愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
プラネタリウム  
トップ
 
世界最大級、直径30mのドームスクリーンを持つプラネタリウムが、平成22年3月にリニューアル。
世界最高クラスの明るさを誇る光学式プラネタリウムを導入し、約65万個もの恒星を投影できるようになりました(従来型:約2万5千個)。また、新たに全天周デジタル映像投影システムを導入することで、ドームスクリーン全体にCGを駆使した大迫力の映像を投影できるようになり、まるで宇宙空間に飛び出したかのような体験ができます。

番組のご案内
>>番組紹介 >>その他の番組(団体予約向け)
>>団体予約について >>料金等

タイムテーブル
※休館日はこちら
都合により番組投影スケジュール等が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
平成28年3月19日(土)~6月30日(木)
※5月28日(土)・29日(日)はキッズプラネタリウムのため、1回目(10:30~)の投影内容が変更になります。
※6月4日(土)・11日(土)はパネル巡回展関連イベント「星が告げる暦」のため、1回目(10:30~)の投影内容が変更になります。
※6月14日(火)・15日(水)はメンテナンスの為、投影を休止します。
投影開始 1回目
10:30
2回目
12:00
3回目
14:00
4回目
16:00
平日 団体予約専用※ 名探偵コナン 恐竜大行進 名探偵コナン
土曜日曜祝日
恐竜大行進

番組紹介
<全天周デジタル映画>
3月19日(土)より投影開始!
[新番組]名探偵コナン ~探偵たちの星月夜~
夏休みの自由研究のため、米花町にあるプラネタリウムへ行くことになったコナンと少年探偵団。
その前夜、コナンの元に謎の手紙が届けられる。
それは「親愛なる工藤新一君へ」と書かれた謎の探偵からの挑戦状だった。コナンの正体を知る探偵とは一体誰なのか?プラネタリウムを舞台に探偵達の対決が今はじまる。満天の星空の下で繰り広げられる、大迫力の名探偵コナン!乞うご期待!
番組前半に、スタッフによる星空解説で、
今夜の夜空から星や星座をご紹介します。
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996
無断転載を禁止します
<全天周デジタル映画>
恐竜大行進
今から7000万年前、恐竜たちが大地を支配していた時代 ― 夏の北極は恐竜たちにとって豊かな楽園でした。しかし寒い冬が訪れると暖かな土地を目指し、たくさんの恐竜たちはそこから大移動をはじめます。恐竜の子どもスカーも初めての冒険に挑戦します。
この物語は厳しい自然の中、恐竜たちが生き抜く姿を描いた壮大なドラマです。
番組前半に、スタッフによる星空解説で、
今夜の夜空から星や星座をご紹介します。
©2010 Wide-Eyed Entertainment in association with Yap Films. Licensed by FremantleMedia International to D&D Pictures, INC.
>> その他の番組(団体予約向け)はこちらをクリック

チケット販売は、各回投影開始の5分前までとなります。
団体予約専用枠(平日1回目投影)について
通常の一般投映のほか、学校団体向け投影番組など、利用者の目的に合わせた内容を選択いただけます。
番組内容の選択は先着順となるため、先に他の団体から申し込みがあったときには、希望に添えない場合があります。
予約申込みは前日の17:00まで、予約キャンセルは原則前日までに博物館(0897-40-4100)へご連絡ください。
GW・お盆などの繁忙期は、団体予約できない場合があります。
料 金
料金表 大人
(高校生以上)
小中学生 65歳以上の方
一般 510 260 260
団体(20名以上) 410 210 210
定 員 300
団体予約:春と秋の遠足シーズンは予約が多くなりますので、お早めにご予約ください。
時間など ・1回の投影時間は約45分です。前半は「季節の星座解説」(約20分)となります。
・入場は投影15分前からです。
・投影時間は都合により変更することがあります。
休館日 ・毎月第1月曜日を開館し、その翌日の火曜日を休館。残りの週は月曜日休館。
・月曜日または、第1月曜日の翌火曜日が祝日や振替休日に当たる場合は、
直後の平日が休館日となります。
詳しくはこちらをご覧ください。

投影内容に変更がある場合がありますので、詳しくは事前にお問い合わせください。


季節の星空観察を楽しもう!博物館友の会 天文クラブ通信はこちら

トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)