展示案内企画展・特別展 詳細

瀬戸内海国立公園指定90周年 企画展 来島海峡と潮流信号所(くるしまかいきょうとちょうりゅうしんごうじょ)
2024年2月17日土曜日~4月7日日曜日 開催期間中休館日:2月19日・26日、3月5日・11日・18日・25日 会場:愛媛県総合科学博物館 企画展示室 時間:9時~17時30分(入室は17時まで) 入場料:常設展示観覧料が必要 主催:愛媛県総合科学博物館 特別協力:船の科学館「海の学びミュージアムサポート」 協力:愛媛県美術館、愛媛県歴史文化博物館、第六管区海上保安本部、今治海上保安部、来島海峡海上交通センター、内海水先区水先人会、公益社団法人燈光会、株式会社新来島どっく、愛媛県漁業協同組合 大浜支所 後援:中国四国地方環境事務所四国事務所 同時開催 瀬戸内海国立公園指定90周年 展覧会 愛媛県美術館「わたしのうみ ART / LIFE」  2024年2月7日水曜日~3月24日日曜日 愛媛県歴史文化博物館「瀬戸内海ツーリズム」  2024年2月17日土曜日~4月7日日曜日
日本初の国立公園である瀬戸内海国立公園 1日約450隻もの船が行き交い、古くから海の難所として恐れられてきた来島海峡 潮流などの自然環境や灯台や潮流信号所など海峡の安全を守る施設や来島海峡を航行する船舶などの展示 多様な角度から瀬戸内海を通して海の魅力をご覧ください (1)来島海峡について 来島海峡の一日の潮流変化や霧の発生などを映像で紹介。 古くから海上交通の難所とされる理由を解説します。 初展示! 3Dプリンタージオラマと映像による潮流と海峡航行の解説展示 (2)海峡の安全を守る 世界的にも珍しい潮流の流向によって航路が変わる来島海峡の航行ルールを解説します。 来島海峡の安全を守る施設(海上交通センター、潮流信号所、灯台)の業務や潮流信号所の情報提供方式の変遷もご紹介します。 アゴノ鼻灯台灯器 (3)来島海峡を通る船舶 来島海峡を航行する船舶の種類や目的を、写真や映像で解説します。 中渡島潮流信号所前を行く船舶 (4)海峡周辺の産業 来島海峡の漁業や海峡周辺に立地している造船業について解説し、海と産業の関係をご紹介します。 波止浜湾造船地帯
企画展関連イベント 海の学び講座 講演 3月24日日曜日 13時30分~15時 水先人から見た来島海峡航路 水先人の業務内容・就職先について紹介。 来島海峡を含めた瀬戸内海の水先業務についてお話いただきます。 講師:水先人 栗阪肇(内海水先区水先人会) 会場:第1研修室 対象:小学生以上 参加費:無料 定員:60名 広報用パンフレットと記念品をプレゼント 体験 事前申込が必要です。 ※3館連携 2月24日土曜日 13時~16時 ビーチコーミング観察会+ワークショップ 講師:県立3館学芸員 会場:扶桑会館、大谷海岸(伊予市)※現地集合 対象:小学生以上(小学生は保護者同伴。保護者の申し込みも必要)   参加費:300~500円(予定) 募集定員:10名 申込締切:2月9日金曜日 体験 事前申込が必要です。 3月2日土曜日 初開催「海の管制官」体験 海上保安庁や海上交通センター業務の説明のほか、 海上交通センターにおいて管制官が訓練で使用するシミュレーターで管制官の業務を体験します。 時間:(1)9時20分~10時20分(2)10時40分~12時(3)13時~14時20分(4)14時40分~16時 募集定員:(1)6名、(2)~(4)各8名 会場:第1研修室 対象:小学生~高校生(小学1、2年生は保護者同伴必須)※1回のお申込みで対象者は1名のみ申し込み可 参加費:無料 申込締切/2月16日金曜日 ツアー 事前申込が必要です。 3月10日日曜日 9時~17時30分 海の学び講座~来島海峡の海上交通を学んで小島要塞跡を巡ろう~ 会場:愛媛県総合科学博物館、来島海峡海上交通センター、今治市大島、小島芸予要塞跡 (バス・船を利用します)※博物館集合、バス移動 対象:小学生以上(小学生は保護者同伴。保護者の申し込みも必要)   参加費:高校生以上1,150円、小中学生650円(バス・船代、資料代、保険料を含む) 申込締切:2月16日金曜日 講座 ※3館連携 2月18日日曜日 14時~15時 野間仁根の来島海峡と瀬戸内海 講師:喜安 嶺 主任学芸員(愛媛県美術館) 会場:第1研修室、企画展示室 対象:小学生以上 参加費:無料(常設展示観覧チケットが必要)  定員:40名 講座 3月17日日曜日 14時~15時 近代瀬戸内海ツーリズム 講師:甲斐 未希子 主任学芸員(愛媛県歴史文化博物館) 会場:第1研修室 対象:小学生以上 参加費:無料 定員:40名
ワークショップ土曜日、日曜日、祝日開催! カラフル発泡スチロール船や貝殻石けんなど。 ヒオウギ貝を使ったワークショップも! 貝殻石けん カラフル発泡スチロール船 ※画像はイメージです。