展示案内企画展・特別展 詳細

令和3年度 企画展 企画展「見たことあるカイ?知ってるカイ?~貝の世界・不思議発見~」 四国沿岸の身近な貝や世界の美しい貝、多様で不思議な貝の世界をご紹介! 2022年2月19日(土曜日)から4月10日(日曜日) 会場:愛媛県総合科学博物館展示室 観覧料:常設展示観覧券(小中学生無料)が必要です 休館日:2022年2月21日・28日、3月8日・14日・22日 3月下旬までは館内エレベーターの更新工事中です。ご了承ください。
「見たことあるカイ?知ってるカイ?~貝の世界・不思議発見~」 これまでに愛媛県総合科学博物館で寄贈・移管を受けた様々な標本の中から「貝」にスポットを当て、四国沿岸の身近な貝や世界の美しい貝、人々に利用されている貝など、多様で不思議な貝の世界を紹介します。 また、貝の研究や普及、標本収集に打ち込んだ愛媛の人々やそのコレクションを紹介し、今なお私たちを魅了してやまない貝の不思議に迫ります。 1.貝の世界を知るために 貝は巻貝と二枚貝だけ!?貝は海に棲むとは限らない!?貝殻を持たない貝がいる!?何でこんな形の貝がいる!?世界最大の貝ってどれくらいの大きさ!? ここでは、実際の貝を用いて、多様な貝の世界を知るためのポイントを紹介します。 2.世界の貝・四国の貝 貝は世界中で約10万種、日本の沿岸には約1万種の貝がいるとされています。環境の豊かな日本の海は貝の宝庫です。 ここでは、四国沿岸の貝や世界の変わった貝などを紹介します。 3.貝と私たち 海に囲まれた日本では、人々は古くから貝を利用してきました。 ここでは、食用や装飾に用いられる貝を中心に紹介し、愛媛で盛んな真珠の養殖についても解説します。 4.愛媛の貝人 貝の魅力に深く取りつかれた人のことを、愛好家たちは「貝人」と呼びました。 ここでは、愛媛で活動していた貝人たちの貴重なコレクションを展示します。 5.「貝的生活」 貝の面白さ、貝の魅力をより深く知るためには、貝殻を手にとって見るのが近道です。 ここでは、貝の探し方や標本の作り方など、貝を楽しむポイントを紹介します。 ブランデーガイ テンシノツバサ オウムガイ サツマツブリ オオジャコガイ ショウジョウガイ
関連イベント ギャラリートーク 3月26日(土曜日)・27日(日曜日)14時~14時30分 担当学芸員が展示解説します。 会場 愛媛県総合科学博物館 企画展示室 定員 10名程度 参加費 常設展示観覧券で参加できます ※当日受付・先着順になります 詳しくはこちら 自然観察会「海辺で貝殻をさがしてみよう」 4月3日(日曜日)14時~17時 ※荒天時:中止 会場 大角海浜公園(今治市波方町) ※現地集合 対象 小学生以上 ※小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要です 参加費 50円 定員 20名 事前予約制 申込締切:2022年3月18日(金曜日)※応募者多数の場合は抽選となります。 お申し込みはこちら
ワークショップ 「貝殻フォトフレーム」 フォトフレームを貝殻で彩ります。 2月19日(土曜日)から4月10日(日曜日)までの土曜日・日曜日・祝日 10時30分~12時(受付11時30分まで) 13時30分~15時(受付14時30分まで) 定員 30名程度 参加費 300円 会場 エントランスホール 詳しくはこちら 「貝殻キャンドル」 ヒオウギ貝の殻を使って、キャンドルを作ります。 2月19日(土曜日)から3月13日(日曜日)までの土曜日・日曜日・祝日 10時30分~12時(受付11時30分まで) 定員 先着 10名 参加費 500円 会場 エントランスホール 詳しくはこちら 「貝殻石けん」 色んな貝殻の型で石けんを作ります。 3月19日(土曜日)から4月10日(日曜日)までの土曜日・日曜日・祝日 10時30分~12時(受付11時30分まで) 定員 15名 参加費 500円 会場 エントランスホール 詳しくはこちら
イベント詳細ページへ 申込ページへ
イベント詳細ページへ イベント詳細ページへ イベント詳細ページへ