愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
サイエンスショー
サイエンスショー詳細
インターネット★サイエンスショー
トップ サイエンスショーへもどる
 
サイエンスショー

錯視実験 みればみるほどふしぎでショー!

「錯視(さくし)」とは、視覚で感じる錯覚のことです。自分の目で見て感じたことと実際とが違っているときに、私たちは、「あれ?」とふしぎな感覚をおぼえます。実際は同じ大きさなのに違って見える、まっすぐな線なのに曲がって見える、実際とは違う色が見える…などなど。私たちの視覚は意外とあいまいです。そして、私たちの目と脳は密接なつながりがあるのです。楽しい実験をとおして、ふしぎな錯視の世界を紹介します。どうぞお楽しみに!
ロボットの目、どっちが明るい?(実は同じ) チョコレートの交差部分に黒い点が見える?
期  間 平成25年1011日(金)
~平成26年
119日(日)
料  金 常設展観覧料が必要
実演時間 25
場  所 愛媛県総合科学博物館 展示棟3階
科学技術館 実験ショーコーナー
開演時間 1回目 2回目
金曜日 13:00~  
土・日・祝日 13:00~ 15:00~
※休館日は除く

トップ サイエンスショーへもどる
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)