愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
サイエンスショー
サイエンスショー詳細
インターネット★サイエンスショー
トップ サイエンスショーへもどる バックナンバーへもどる
 
インターネットサイエンスショー

バックナンバー
第8回「音は振動!ぶるぶるふるえる!振動のサイエンス」

音の正体はなんだろう??音はどんなふうに伝わるの??
今回のサイエンスショウは「音」がテーマです。いろいろなモノを使って音の仕組みを目で確かめよう!

実験ノート:今回の実験のメモです。参考にしてね。
  • 写真プラネタリウム池に誰かいるぞ?

    ここはレストラン「クローネ」。おや?あそこに見えるのは学芸員の藤本さん。何してるんだろう。(レストランの紹介はこちらを見てね。
  • 写真音は振動

    音叉(おんさ)をたたいて水の中に入れると、水しぶきがたちます。音叉が振動して、空気を伝わって耳の鼓膜に伝わり「音」として聴こえるのです。
  • 写真不思議な音色のグラスハープ

    グラスに水をいれてふちを擦ると、グラスの振動が音として不思議な音色を奏でます。
  • 写真声のもよう「声紋(せいもん)」

    声のかたちを見ましょう。まずは進学芸員から。かたちになる様子もビデオでチェックしてね。
  • 写真ひとりひとり違う声紋

    続いて藤本学芸員も声紋をつくります。進学芸員と比べてみましょう。男性と女性、声の高さ、音色、大きさによっても違うのがわかりますか。
  • 写真楽器「ストリングラフィー」

    糸電話のようなこの楽器は手づくりです♪糸の太さ、長さ、張り具合で音が変わります。バイオリンなどと同じ立派な弦楽器ですよ。

トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)