愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
サイエンスショー
サイエンスショー詳細
インターネット★サイエンスショー
トップ サイエンスショーへもどる バックナンバーへもどる
 
インターネットサイエンスショー
image 第7回
「すごいぞ!空気パワー3 マグデブルクの大気圧実験 ~ドラム缶持ち上げ実験編~ 」


みなさん、第5回のインターネットサイエンスショウを覚えていますか?手作りマグデブルク半球の中を真空にして、2台の自動車の間に入れて、外れることなくみごと引っ張ることができました。今回は、このマグデブルクの大気圧実験の縦向きバージョン「ドラム缶持ちあげ実験編」です。さあ、今回も実験は成功するのでしょうか?友の会「科学クラブ」のみなさんも再び登場します。




オンラインでサイエンスショウを楽しみたい方は、下の表からお使いの回線にあてはまる をクリックしてください。

※再生にはWindows Media Playerが必要です。ビデオが再生できないときは、下のリンクからWindows Media Playerをダウンロードして、インストールしてください。(Windows版、Mac版、Unix版)
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/players.asp

クリック 名称 帯域 容量
ブロードバンド版 ブロードバンド 768Kbps 27.4MB
ナローバンド版 ナローバンド 64Kbps 2.3MB

実験ノート
image 真空にする
真空ポンプを使って、球の中を真空にします。メーターが段々下がっていきます。

image 巨大三脚に取り付けよう!
真空になった半球を、巨大三脚に取り付け、下にドラム缶をつなげます。水が満タンに入ると、取付器具の重さも入れて総重量はなんと250kg!!さあ、ドラム缶を持ち上げることができるのでしょうか?

image 250kgのドラム缶は持ち上がる?
ゆっくりとチェーンを引っ張っていきます。みんなかたずを飲んで見守る中、「あっ!」ドラム缶の底が・・・!!

image 半球の中に空気を入れると・・・
最後は、半球の中に空気を戻し入れます。すると・・・あ~ら、簡単にはずれてしまいました。

image 夏のイベントでも公開実験します!
何度やっても楽しい、不思議な驚きに満ちている「マグデブルク半球の実験」、いかがでしたか?夏のイベントでも、この実験を公開する予定です。ぜひ、みなさんもいっしょにサイエンスの楽しさ、驚きを体感しましょう!
トップ サイエンスショーへもどる バックナンバーへもどる
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)