愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
サイエンスショー
サイエンスショー詳細
インターネット★サイエンスショー
トップ サイエンスショーへもどる バックナンバーへもどる
 
インターネットサイエンスショー
image 第5回「すごいぞ!空気パワー2
マグデブルクの大気圧実験」
 

今回は、手作りマグデブルク半球を使って空気の力の威力を検証してみます!博物館友の会「科学クラブ」のみなさんにもお手伝いしていただいて、楽しい実験になりましたよ~!

※博物館友の会については、こちらのページをご覧ください。
オンラインでサイエンスショウを楽しみたい方は、下の表からお使いの回線にあてはまる をクリックしてください。

※再生にはWindows Media Playerが必要です。ビデオが再生できないときは、下のリンクからWindows Media Playerをダウンロードして、インストールしてください。(Windows版、Mac版、Unix版)
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/players.asp

クリック 名称 帯域 容量
ブロードバンド 384Kbps 31.8MB
ナローバンド 64Kbps 4.3MB

実験ノート
image お椀のふたがあかない!
お吸い物やお味噌汁のお椀のふたがなかなかとれなくて苦労したことありませんか?
これは、周りの空気がお椀のふたを押すために起こる現象です。お椀の中と外の空気の圧力が違うとどんなことが起こるのでしょう?

image 開かないお椀の秘密を解明しよう!
透明な実験道具の中の空気を注射器を使って抜くと・・・。容器のふたは開きません。この容器のまわりには、約200kgの空気圧がかかっているのです。

image マグデブルク半球ってなあに?
今から350年ほど昔、ドイツのゲーリケという科学者がこのように半球をつくり、中の空気を抜いて馬16頭を使って引っ張っても離れなかったという有名な実験をおこないました。ドイツのマグデブルクというところで実験を行ったので、この半球を「マグデブルク半球」と呼びました。

image 車を使って現代版「マグデブルク半球の実験」をしよう!
真空ポンプでマグデブルク半球の中の空気を抜きます。これを馬のかわりに車2台の間に入れます。半球は離れずに車をひっぱることができるのでしょうか??

image 車がひっぱられました!
車体重量が2トン以上もある車をひっぱることができました!空気ってすごい力ですね!
トップ サイエンスショーへもどる バックナンバーへもどる
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)