愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
サイエンスショー
サイエンスショー詳細
インターネット★サイエンスショー
トップ サイエンスショーへもどる バックナンバーへもどる
 
インターネットサイエンスショー
image 第3回「水を作る実験」  

水って一体何でできているんだろう?って考えたことはありませんか?
この実験では、水をつくる酸素と水素の性質を知り、本当に水が酸素と水素からできているのか確かめてみたいと思います。

※今回の実験にはいくつか爆発をともなうものがあります。大変危険ですのでご家庭では絶対に真似しないようお願いいたします。
オンラインでサイエンスショウを楽しみたい方は、下の表からお使いの回線にあてはまる をクリックしてください。

※再生にはWindows Media Playerが必要です。ビデオが再生できないときは、下のリンクからWindows Media Playerをダウンロードして、インストールしてください。(Windows版、Mac版、Unix版)
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/players.asp

クリック 名称 帯域 容量
ブロードバンド 384Kbps 9.5MB
ナローバンド 64Kbps 1.7MB

実験ノート
image 水を構成するもの
水は酸素原子1個と水素原子2個がくっついてできています。


H2O
水素
H2
酸素
O

image 酸素にはどんな性質があるの?
集気瓶に燃焼しているスチールウールがあります。ここに酸素を送ってみましょう。酸素を送る前に比べてよく燃えましたね。酸素には、ものが燃える現象を手助けする働きがあるのです。

image 水素にはどんな性質があるの?
水素を風船に入れるとプカプカと浮きます。これは水素が空気より軽いからなんです。さらに、この風船に火を近づけると・・・パンッと爆発します。 水素には爆発する性質があります。

image 酸素と水素で水を作ろう!
水素2、酸素1の割合で混ぜ合わされた気体の入った透明のチューブがあります。点火すると、水素は爆発し酸素はその爆発を手助けします。大きな音にびっくりしないでね。

image 水ができた!
あれ?チューブの中に何かできていませんか?透明だったチューブが白く濁っています。白い粒、水滴です!このようにして水はできるんですね。
トップ サイエンスショーへもどる バックナンバーへもどる
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)