3DCGタイトル
【記録資料】この特別展は過去に開催されたものです。
平成11年3月6日(土)〜4月11日(日) 春の特別展:記録資料
上記の日程で終了致しました。
バー
menu
バー

展示解説員
上の写真画像を、マウスでクリックしてください。
産業研究科学芸員:藤本雅之による、春の特別展:愛媛の鉱山展示資料に関する概要解説(映像)がスタートします。
はじめに
 愛媛県には、古くは世界有数の産銅量を誇った別子銅山などの銅鉱山が数多くありました。これらの銅山から産出された銅は、江戸時代においては重要な輸出品であり世界の産業発展のうえで重要な役割を果してきました。明治以降では、電気の普及に伴い電線としての役割も持つようになるなど、銅製品の需要増大と相まって私たちの文化の発展に深い関わりを持つようになりました。また、銅の他にアンチモン結晶の大きさと美しさが世界的に有名な輝安鉱を産出した市之川鉱山や、長い間採掘された石灰石鉱山などがありました。そして、現在も採掘しているドロマイト鉱山があります。
 現在わが国は、鉱物資源のほとんどを輸入に頼っています。愛媛県では、かつて鉱業は県内の主要産業として長い間多くの人々の暮らしを支えてきました。しかし、現在採掘している鉱山は、わずかに2つだけになってしまい、かつてのように、鉱山から恩恵を受ける機会が少なくなっています。そして、鉱山が人々の記憶から急速に消えていこうとしています。

 今回、県内の主な鉱山や県外の鉱山から産出した鉱石、さらにこれらの鉱物からの製品、実際に鉱山で使われていた鉱車を含め採掘や輸送に使われた道具、また、江戸時代や明治時代に描かれた貴重な鉱山関係絵図などを展示しました。
展示風景写真1
愛媛の鉱山展会場:銅鉱山関連
展示風景写真3
愛媛の鉱山展会場:鉱石と採掘関連
展示風景写真3
愛媛の鉱山展会場:石灰・ドロマイト関連
展示風景写真4
愛媛の鉱山展会場:別子歓東立川歓喜 当用鋪内大略図
 このCD-ROMは、展示内容の記録資料として作成しました。CD-ROMを通して、鉱山の歴史及び産業との関わり、さらに本県の地質や地下資源について学んでいただければ幸いと存じます。
 また今回の特別展「愛媛の鉱山」には多くの方々から貴重な資料の提供など多大なご協力をいただきましたことを厚くお礼申し上げます。


 別子銅山絵巻
別子銅山絵巻
 この絵巻には、江戸時代の別子山内における採掘や製錬の様子が描かれています。絵巻が描かれた時期は、鋪方の鋪台上にある帳簿の字から、天保11年(1840)と推定されます。

 資料提供 住友史料館


 輝安鉱
輝安鉱 ダミー
Sb2S3
西条市市之川 市之川鉱山

 輝安鉱は、アンチモン(Sb)の鉱石として採掘されました。この市之川鉱山の輝安鉱は、結晶が美しく、巨大なことで世界的に有名です。

バー

バー

このホームページに含まれるデータを許可無く複製することを禁止します。