企画展は終了いたしました

 愛媛県は、全国有数の水産県であり、瀬戸内海、宇和海にはさまざまな魚介類が生息しています。その中で、わたしたちがどのようにして海の資源である魚介類をとって、また育てているのかを重点的に取り上げて紹介し、水産業に対する理解を深めていただきます。

海のトンネル

 左右の水槽に瀬戸内海、宇和海にすむ魚たちを展示しています。
 宇和海は、黒潮の影響を受け暖かな地域となっています。沿岸にはサンゴ礁が見られ、クマノミやソラスズメダイなどの熱帯、亜熱帯性の魚が多く生息しています。
 瀬戸内海の伊予灘や燧灘には、砂や砂泥の海底が広がっており、カレイの仲間やオコゼなど、海底にすむ魚が多く見られます。

海のトンネル


オニオコゼ

愛媛の魚

愛媛の水産業

 愛媛県は、大平洋とつながる宇和海と陸に囲まれたおだやかな瀬戸内海に面しています。それぞれの海で様々なさかなをとる漁業や、魚をそだてて出荷する海面養殖漁業が行われています。特に、海面養殖漁業は全国でトップクラスの生産量を誇っています。また、海の資源を増やすために稚魚等を放流する栽培漁業も行われています。

愛媛の水産業
展示室内の様子

愛媛の海の魚たち

 宇和海は、黒潮の影響を受け暖かな地域となっています。沿岸にはサンゴ礁が見られ、クマノミやソラスズメダイなどの熱帯、亜熱帯性の魚が多く生息しています。
 瀬戸内海の伊予灘や燧灘には、砂や砂泥の海底が広がっており、カレイの仲間やオコゼなど、海底にすむ魚が多く見られます。


展示室内の様子

愛媛の海の魚たち

愛媛の魚料理

愛媛県には、新鮮な海の幸を使った郷土料理が数多くあります。古くから伝わる地方色あふれる料理の一部をご紹介します。


展示室内の様子


(もどる)