インターネット博物館講座2004 自然講座 産業講座 科学講座(1) 科学講座(2) トップに戻る
自然講座 化石のクリーニングとレプリカ作り
講座の様子を映像で見ることができます。下のボタンをクリックしてください。
通信環境に合わせて、大きいサイズと小さいサイズを用意しています。

撮影日:2004年7月25日、8月1日
場所:愛媛県総合科学博物館 科学実験室
講師:山根 勝枝(総合科学博物館 学芸課 自然研究科 学芸員)
WindowsMediaPlayerのダウンロードはこちら 再生にはWindowsMediaPlayerが必要です。
左のボタンより、WindowsMediaPlayerの最新バージョンがダウンロードできます。 必要に応じてインストールしてください。
ブロードバンド 34.70MB(384kbps)約16分
ナローバンド 7.18MB(64kbps)約16分
講座メモ

●化石採集
化石採集  化石採集場所:高知県安芸郡安田町唐浜
 地層の名前:唐ノ浜層群 穴内層

 どのくらい前の地層?(地層ができた時代):180万年くらい前。時代で言うと、新生代新第三紀鮮新世(しんせいだい しんだいさんき せんしんせい)いろいろな種類の二枚貝、巻貝、珊瑚。時々、サメの歯やカニの化石も見つかります。

●化石の採り方
地層  注意!:がけの近くでは、落石に気を付けましょう。(がけの方を向いて化石を採ります。)ハンマーを使うときは、近くに人がいないのを確認しましょう。ハンマーで石をたたくと、石のかけらが飛び散るので、目に入らないように気を付けましょう。めがねやゴーグルをすると良いですね。
 1:化石を壊さないように、まわりを削ってまわりの岩石ごと取り出します。
※化石が壊れたり、壊れそうになったら液状やゼリー状瞬間接着剤でくっつけましょう。
 2:壊れないように新聞紙に包みます。
 3:採った日と場所を書いておきます。

●恐竜の化石のクリーニング体験
恐竜の化石  夏の特別展・実演コーナーで特別に恐竜化石のクリーニング体験。エアスクライバー(小型削岩機)で硬い岩石をクリーニングしました。クリーニングしているのは熊本県から産出した植物食恐竜イグアノドン類の化石です。

●今回採集してきた化石のクリーニングに使う道具
道具  ・小型ハンマー
 ・小型の丸タガネ、平タガネ:ハンマーでタガネをたたいて化石のまわりの岩石を割っています。
 ・ハケや歯ブラシ:岩石片や砂粒をはらったりやわらかい部分を削ります。
 ・液状、ゼリー状瞬間接着剤

●クリーニング作業
クリーニング作業  タガネやハケで化石のまわりの岩石を取り除きます。

前   後
▲クリーニング前   ▲クリーニング後

●ノジュール
ノジュール
 
ノジュール割り
 今回採取に行った唐浜の地層にはたくさんノジュールが含まれ、まれにカニの化石が入っていることがあります。
ノジュールとは、化石や砂粒などを核として、堆積物中の珪酸や炭酸塩などが濃集沈殿しながら固まってできたものです。






 ノジュールは、とても硬く巨大ハンマーで割ろうとしていますがなかなか割れません。

●化石の名前を調べる
化石の名前を調べる  化石の形や模様をよく観察して、採取してきた地層から産出する化石がまとめられている文献などで名前を調べましょう。

●標本作り1
ラベル作り  ラベル作りをします。ラベルは大切な「名札」です。ラベルに書くことで重要なのは、採った所です。名前が分からなくて、だれかに調べてもらうときにどこで採ったのか分かるととても役立ちます。
 ・化石の名前
 ・採ったところ(採集場所)
 ・採った日(採集日)
 ・採った人(採集者)
 ・その他(地層名など)

●標本作り2
ラベル作り
 
標本
 化石とラベルを一緒にビニール袋や箱に入れて標本の完成です。

●家庭で簡単に箱をつくるには
箱  牛乳パックの底の部分や、厚紙を利用して作ってみましょう。まわりに紙を貼って標本箱らしくしてみましょう。標本箱は大きなお菓子の紙箱や木箱などに整理して入れておきましょう。



●今回作るレプリカ(アンモナイト)の化石と型
アンモナイト見本  左:ペルー産 中生代白亜紀
 右:イギリス産 中生代ジュラ紀 (ダクチリオセラスという種類)

●レプリカ作りに使う道具
レプリカ作りの道具  ・アンモナイトの型
 ・ラバーボウル
 ・石膏
 ・ヘラ
 ・水入れ
 ・絵の具(アクリル)
 ・パレット
 ・筆

●作業1
作業1石膏を入れる  石膏(せっこう)をラバーボウルに入れます。

●作業2
作業2混ぜ合わせる  石膏の入ったラバーボウルに水を加え、混ぜ合わせます。
※水は少しずつ入れ、かたさを見ながらヨーグルトぐらいになるまで混ぜ合わせます。

●作業3
作業3型に流し込む  よく混ぜ合わせたら、すぐに型に流し込みます。
水を入れると石膏は固まりはじめるので手早く混ぜてすぐに型に流し込みます。

●作業4
作業4空気を抜く  型を軽くたたき、型に入れたときに入ってしまった空気を抜いておきましょう。

●作業5
型から取り出す  石膏は約10分ほどで固まるので、完全に固まったら型から取り出します。

●作業6
作業6色を塗る  まずは、化石をよく観察して同じように色を塗ります。

●レプリカ完成
レプリカ・本物  左:レプリカ  右:実物化石

●アンモナイトの殻の色を想像して
色を塗る  次は、化石の色を想像して塗りましょう。アンモナイトのが生きていたときにはどんな色の殻を持っていたのか、想像してぬってみよう。

●レプリカ完成 例1
レプリカ完成  それぞれ好きな色を塗ったレプリカが完成。

[制作著作] 愛媛県総合科学博物館
〒792−0060 愛媛県新居浜市大生院2133−2
http://www.i-kahaku.jp/