パネル巡回展「太陽のふしぎ」 私たちに恵みを与えてくれる太陽。 ガリレオ・ガリレイが初めて太陽の黒点を観測してからおよそ400年。 現代では目に見える光だけでなく、さまざまな電磁波を使って太陽の謎に挑んでいます。 JAXAの太陽観測衛星「ひので」をはじめとする最新鋭の観測装置によって 次々に明らかにされてきている、太陽の知られざる姿を 豊富なカラー写真やイラストでご紹介します。
期間:平成29年10月21日(土)~11月19日(日) 場所:展示棟3階ロビー 料金:常設展観覧券が必要です
主催:愛媛県総合科学博物館 企画・製作:宇宙航空研究開発機構(JAXA) 協力:全国科学館連携協議会






主催:愛媛県総合科学博物館
〒792-0060 愛媛県新居浜市大生院2133-2
TEL:0897-40-4100 共催:東予歴史文化資源活用市町連携協議会