愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
参加しよう!  
トップ
 
科学講演会
世界天文年2009 平成21年度 愛媛県総合科学博物館 科学講演会
天体望遠鏡400年 ―ガリレオからすばるまで―
 今年はイタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡で宇宙を観測してから400周年にあたり、世界天文年に制定されています。また、ハワイ・マウナケア山頂に設置された日本のすばる望遠鏡が初観測から10周年を迎えます。本講演では、望遠鏡がどのように進化して、どのような宇宙が見えてきたのかを紹介します。
日 程 平成21年718日(土)14:00~15:30
主 催 愛媛県総合科学博物館
会 場 愛媛県総合科学博物館 第一研修室
定 員 40
対 象 一般、小学校中学年以上
締 切 平成21年710日(金)※応募の受付は終了しました。
顔写真 講師:臼田-佐藤 功美子
(国立天文台ハワイ観測所専門研究職員)

愛媛県松山市生まれ。東京大学大学院理学系研究科卒業。理学博士。2006年より、国立天文台ハワイ観測所専門研究職員。現在、ハワイでの天文学教育普及活動をおこなっており、今年は世界天文年にあわせて「宇宙ポスターコンテスト」など3つの企画のリーダーを務めている。日本では、文部科学省・科学技術週間に配布された「一家に1枚 天体望遠鏡400年」ポスター制作のリーダーを務めた。
お問い合わせ担当窓口
愛媛県総合科学博物館 企画普及グループ 担当:秋山
〒792-0060 愛媛県新居浜市大生院2133-2
TEL (0897)40-4100 FAX (0897)40-4101
メールでのお問い合わせはこちらkikaku@i-kahaku.jp
トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)