捜査展日記24(最終回)

6月 27
Posted by kahakun Filed in 科学捜査展2

4/23(土)から開催してまいりました巡回展「科学捜査展SEASON2」も、6/26(日)で最終日を迎えました。

6月に入ってからは毎週末雨が降っていましたが、最終日の日曜は、久々に良い天気に恵まれました。久しぶりの日曜日の晴れということで来館者は少ないかなと思っていましたが、最終日ということもあってか、開館前から50名ほどの方が並んでくださいました。

4/23(土)〜6/26(日)の計56日間で開催された本展は、計20,154人ものたくさんの方々にご覧いただきました!

期間中、4回事件が入れ替わった捜査体験コーナーは、のべ3,751組8,988名もの方々に体験していただきました。そのうち、すべての事件を解決して「カハク捜査官認定証」を授与された方は、103組もいらっしゃいました。皆様、ありがとうございました!

そして本日、名残惜しくも撤収作業を行いました。

思い返せば、この2ヶ月間は、毎週のように開館前からたくさんの方が並んでくださいました。それほど、皆様がこの展示を楽しみにしていてくださっていたと思うと、大変嬉しく思います。

だいぶ前のことになりますが、捜査体験コーナーにいらっしゃったお客様から、こんなお話を伺いました。

「3年前に、科学捜査展という展示を見に家族で初めて科博に来ました。捜査体験が楽しくて、子どもが全ての事件を解決して…それから、展示やイベントの度に、年に何回も科博に来るようになりました。今回、科学捜査展2が開催されると知って、すごく楽しみにしていたんです。今回も、全ての事件を解決しますよ!」

他にも、アンケートには「すごく楽しかった!」「勉強になった」「また来たい」など、たくさんの感想をいただきました。

今回の展示を見て、体験して、皆様が少しでも科学に興味を持っていただき、博物館を好きになっていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

次は、7月9日(土)〜9月19日(月祝)の間、特別展「えひめスゴ技展2016」が開催されます。こちらも、ぜひご期待ください。

この「捜査展日記」も、今回が最後の更新となります。

最後に、本展の開催にご協力いただきました皆様、そして、展示をご覧いただきました皆様…本当にありがとうございました!!

(企画普及グループ 秋山)

捜査展日記23

6月 20
Posted by kahakun Filed in 科学捜査展2

早いもので、巡回展「科学捜査展 SEASON2」も残すところあと1週間となりました。

この週末も日曜日は雨が降り、これで5月最後の日曜日から、なんと4週連続で「雨」となりました。なかなかすごい確率です。

実は、3年前に開催した「科学捜査展」も、6月に入って毎週末、雨が降っていました。昨年、一昨年は、そんなことはなかったのですが…「捜査展」と「天気」は、何か関係があるのでしょうか…!?

さて、この週末も2,000人近くの方にご来館いただきました。

人気の捜査体験コーナーですが、現在なんと約60組の方が4つすべての事件を解決し、「カハク捜査官認定証」をゲットしています。

この2ヶ月の間に、少なくとも4回は博物館にお越しいただいていることになります。みなさま、本当にありがとうございます!

また、初めて捜査体験をされる方も、まだ毎週200名近くいらっしゃいます。

今回の「九段町小学校 誘拐事件」は、間違いさがしや五感を使ったクイズなどもあって、これまでの捜査体験の中では、もっともゲーム感覚で楽しむことができます。

残りあと1週間となりましたので、まだ体験されていない方は、お早めにご来館ください。

さらに、今週末は会期中最後の関連イベント「ドローンを飛ばそう!〜初めてのドローン体験〜」も行いました。

「ドローンを飛ばそう!」は、会期中に計7日間行っており、のべ465組863名もの方に体験していただきました!

開催前は、参加者がケガをしないか、機体は何機壊れるのか、充電池は何個あれば足りるのか…などなど、本当に心配が尽きないイベントでしたが、とにかく大きな事故やトラブルもなく、無事に終わって一安心でした。

そして何より、体験されたみなさんが、とても楽しんでいらっしゃる姿が印象的でした。

1回15分程度という短い時間ではありましたが、実際に自分の手で飛ばしてみて、「とても楽しかった」「思ったより操縦が難しかった」など、操縦の楽しさや難しさ、ドローンの可能性や危険性なども感じていただけたのではないかと思います。

さて、本日は最後に、「科学捜査紹介コーナー」で行っている指紋採取体験のうち、ご家庭でもできる方法をご紹介しましょう。

準備するものは、コーヒーカップココアパウダー、そして耳かきです。

コーヒーカップでなくても、グラスでもお皿でもOKです。耳かきは、綿毛(「梵天」と言うんだそうです!)の付いているものを用意します。

まず、コーヒーカップに指紋をつけます。

次に、耳かきの綿毛部分にココアパウダーをほんの少しだけつけます。

そして、先ほど指紋をつけたあたりを、かる〜くポンポンポンと叩いてみると…

…なんと!キレイな指紋が現れました!!

綿毛でこすってしまうと指紋もこすれてキレイに見えなくなってしまうので、ポンポンポン…とかる〜く叩くのがコツですよ。

以前ご紹介したような特殊な粉末を使わなくても、家にあるもので簡単に指紋採取ができますね!

指紋を採取すれば、「私のココアを飲んだのは…お兄ちゃんね!」なんていうことも、できるかもしれませんよ(笑)みなさんも、ぜひお試しください。

さて、いよいよ6月26日(日)で科学捜査展も最終日です。

まだ展示をご覧になっていない方も、捜査体験コーナーをリピートしたい方も…ご家族そろって、ぜひお越しください!

(企画普及グループ 秋山)

捜査展日記22

6月 12
Posted by kahakun Filed in 科学捜査展2

本日、愛媛県警察本部協力による関連イベントを多数開催しました。

残念ながら、朝から雨が降っていたため、屋外で行うイベントはほとんどが中止、または内容変更となってしまいました…。それでも、なんと日曜日だけで2,400名を超える方にご来館いただきました!

本日のイベントの様子をご覧ください。

◆鑑識業務体験「自分の指紋を検出しよう!」

◆鑑識業務体験「警察犬訓練のデモンストレーション」

(雨天により、エントランスホール内で、警察犬とのふれあい体験を行いました。)

◆交通安全ふれ愛フェア「白バイ&パトカーに乗ってみよう!」

(雨天により、パトカー乗車体験と教育安全教育車搭載のシミュレーション体験のみ、午前中に行いました。)

◆愛媛県警察音楽隊「かはくふれ愛コンサート」

皆さんにお話を伺ってみると、今日のイベントを心待ちにしていた方が大勢いらっしゃったこと、そして、将来警察や鑑識、科捜研で仕事がしたいからと、わざわざ遠方からお越しいただいたご家族もいらっしゃって、とても嬉しかったです。

イベントにご協力いただきました愛媛県警察本部の皆様、そして、雨の中ご来館くださいました皆様、本当にありがとうございました!

(企画普及グループ 秋山)

捜査展日記21

6月 7
Posted by kahakun Filed in 科学捜査展2

6月に入り、「科学捜査展SEASON2」も、残りあと1ヶ月を切りました。

この週末は土日ともに雨が降り、四国は平年より1日早い梅雨入りとなったようです。雨の中、開館前から並んでくださった皆様、本当にありがとうございます!

6/6(月)で捜査体験コーナーの「九段町交差点 交通事故」が終了となりました。5/24(火)〜6/6(月)の13日間で、約700組1,500名もの方々に体験していただきました!そのうち、160組の方が、前回の火災事件に続き3回目の体験でした。

「九段町交差点 交通事故」はとても難易度が高く、正解率は全体で5割程度といったところでしょうか。事件を解決するまで、あきらめずに何回もチャレンジしてくださる方もいらっしゃいました。

さて、次回はいよいよ最後の事件。

6/8(水)〜6/26(日)「九段町小学校 誘拐事件」です。

まずは、事件のあらすじをご紹介します。

~事件のあらすじ~

九段町ヒルズにある九段町小学校に通う小学生12名が、突然いなくなってしまった…!

「子どもたちを助け出したいなら、我々からの挑戦を解いてみろ」と、謎の誘拐組織 JSBが犯行声明を出し、挑戦状が届いた。

どうやら、3つのミッションをクリアすれば、子どもたちは解放されるようだ。

はっきりした犯行時刻も、どのように子どもたちを学校から連れ出したのかも、まったく分からない。とにかく、犯人からの挑戦に挑むしかないようだ。

一刻も早く子どもたちを助け出すために、2人一組でチームを組んで事件を解決しよう!

今回の事件は、2人一組で体験していただきます。

★役割について

【捜査一班】タブレット端末に出てくるミッションを解決していく役目。

【捜査二班】捜査一班と行動を共にしながら、タブレットではなく、分室にあるミッションを解決していく役目。

大人の方であれば、一人でも何とか時間内に解決できるかもしれませんが、事件現場と分室を行ったり来たりするので、なかなか大変です。ぜひご家族や友人をお誘いの上、2人一組で体験してみてください。その方が、盛り上がりますよ!今回もかなりの難易度となりますので、幼児や小学校低学年のお子さんは、保護者の方と一緒に体験してみてください。

また、今回は今までの事件と違って、現場からいろいろと証拠や証言を集め、それを元に推理していく…というタイプではありません。

謎の誘拐組織 JSBから出題される様々なミッションをクリアしていくという、新しいタイプです。さらに、そのミッションは、12台のタブレットそれぞれで少しずつ内容が違います。

みなさま、最後の捜査体験「九段町小学校 誘拐事件」をお楽しみに!

そして、いよいよ今週末の6月12日(日)には、愛媛県警察本部協力による、会期中最大の関連イベントがあります。4月のブログでも掲載しましたが、再度ご紹介いたします。

◆鑑識業務体験「自分の指紋を検出しよう!」

日時 6月12日(日) 11:00〜14:00

場所 オリエンテーションルーム

協力 愛媛県警察本部 鑑識課

料金 参加無料 ※事前申し込み不要、当日先着順

犯罪捜査における「鑑識」とは、犯人が現場に残したものや犯罪に使われたものを科学的に調べて、犯人の発見や犯罪を証明する捜査機関の活動のことです。テレビドラマでもおなじみですね!

今回は、愛媛県県警察本部 鑑識課の方にお越しいただき、鑑識装備や資器材を展示するほか、磁性粉末を使って実際に自分の指紋を採取することができます。

展示室内の「指紋鑑定コーナー」で体験できる指紋採取と違い、鑑識課の方に直接指導していただける、大変貴重な機会です!

申し込み不要、当日先着順ですが、体験人数は100組程度を予定しております。混雑状況によっては整理券を配布する場合もありますので、ご了承ください。

鑑識業務体験「警察犬訓練のデモンストレーション」

日時 6月12日(日) 12:00〜12:30 ※雨天中止

場所 屋外駐車場

協力 愛媛県警察本部 鑑識課

料金 見学無料

非常に優れた嗅覚をもつ警察犬は、鑑識課が管理する生きた科学捜査ツールです。
犬の嗅覚は、なんと人の100万~1億倍とも言われています。犯人の足取りの捜索をはじめ、死体や爆発物の発見にも役立ちます。
今回は、同じく鑑識課のご協力のもと、屋外駐車場で警察犬の服従・臭気選別訓練のデモンストレーションを行います。ただし、雨天の場合は中止となりますので、ご了承ください。

雨天中止の場合は、当日の朝に当館ホームページのFacebookでもお知らせいたします。


交通安全ふれ愛フェア「白バイ&パトカーに乗ってみよう!」

日時 6月12日(日) 10:00〜15:00

場所 屋外駐車場

協力 愛媛県警察本部 交通企画課、交通機動隊

料金 参加無料 ※事前申し込み不要、当日先着順

憧れの白バイ&パトカーに乗って、記念撮影ができます。もちろん、運転はできませんよ。
“交通安全教育車”では、運転操作検査や自転車シミュレータなど、いろいろな体験ができます。

警察音楽隊「かはくふれ愛コンサート」

日時 6月12日(日) 14:00〜15:00

場所 多目的ホール

定員 300名(事前申込不要)

協力 愛媛県警察音楽隊

料金 参加無料

今回初のイベントとして、警察音楽隊によるふれ愛コンサートも開催します。会場は多目的ホール(定員300名)です。警察音楽隊の素敵な演奏を通して、交通安全等についての理解を深めていただければと思います。

6月12日(日)はイベント目白押しですね。今週末はぜひお誘いあわせの上、ご来館ください!

(企画普及グループ 秋山)

捜査展日記20

5月 29
Posted by kahakun Filed in 科学捜査展2

今週末は、近隣の幼稚園や小学校で運動会がありましたが、あいにく雨が降ったり止んだりのお天気でした。残念ながら、運動会が延期になったところもあるようですね。

そんな中、科博ではこの2日間で2,300名を超える方にご来館いただきました。日曜日は、開館前から30〜40名ほどの方が並んでくださり、10時半頃には午前中の整理券がすべて無くなってしまいました。午後も15時頃までは先着順の待ち列が途切れませんでした。

今週末の様子をご覧ください。

現在、タブレットを使った捜査体験コーナーは「九段町交差点 交通事故」です。

すでにお伝えしたとおり、今回の事件はこれまでと比べて、かなり難易度が高いです!この2日間の正解率は、おそらく5割程度だったと思います…。

みなさま、ご家族や友人で協力しながら事件を解決していました。中には、事件を解決するまで何度もチャレンジする方もいらっしゃいました。

この「九段町交差点 交通事故」は6/6(月)までとなっておりますので、まだ体験されていない方は、ぜひチャレンジしてみてください。

また、4月に引き続き、この2日間は「ドローンを飛ばそう!〜初めてのドローン体験〜」も行いました。

この2日間で、122組207名の方に体験していただきました。普段めったに触れることのないドローンを操縦できるということで、今回もたくさんの方に体験していただきました。「ドローンを飛ばそう!」は、次回、6/18(土)・19日(日)の2日間で最後となります。1回の体験時間は15分程度と短いですが、操縦の楽しさや難しさを体感していただけると思います。ぜひ、ご参加ください。

さて、本日は最後に、会場で行っているアンケートについてご紹介します。巡回展をご覧になった方の感想や要望をお聞きするため、会場内に2種類のアンケートを設置しています。一つは、アンケート用紙に記入するタイプ、もう一つは、壁面にシールを貼るタイプのアンケートです。

記述式のアンケートからは、これまで下記のような感想をいただいています。

・普段なかなか触れることのない内容なのでとても面白く、サスペンスが好きなのでおもしろかったです。(西条市 30代)
・スタッフの人が優しかったです。いろいろ遊べて楽しかった。(松山市 20代)
・捜査を体験するゲームが面白かった。違う事件もしたいです。(松山市 小学生)
・面白かったです。科学捜査展3もやってほしいです。(四国中央市 10代)
・科学が好きなのでとても勉強になった。色々な体験も出来たので楽しかったです。(今治市 小学生)
・捜査がとても面白く大人でも楽しめました。ありがとうございました。(四国中央市 20代)
・大人も楽しめる内容でよかった。こういう感じの企画だと来たくなります。(松山市 30代)

展示の内容について概ねご好評をいただいているようで、大変嬉しいです。中には、整理券の配布や先着順の受付といった運営に関するご意見などもありました。みなさまの率直な感想は、展示や運営を行う上でとても参考になり、また励みにもなります。

もう一つは、シールを貼るタイプのアンケートです。こちらの方が記述式よりも気軽にできるので、回答数がとても多いです(展示の途中で設置したため、5/20〜5/29までの集計結果です)。大人の方は青、小・中学生は赤、幼児は緑のシールを貼っていただきました。表の見方は、以下の通りです。

・楽しかった(上)/つまらなかった(下)
・勉強になった(右)/勉強にならなかった(左)

右上の領域「楽しかったし、勉強になった」が多いですね!これは、非常に嬉しい結果です。みなさま、ありがとうございます。

展示やイベントを開催する際には、単に「楽しかった」で終わらず、見る人の「知的好奇心」を満たせるような、楽しく学べる内容となるように心がけています。

この展示を見て、科学(捜査)に少しでも興味をもっていただければ嬉しいです。

(企画普及グループ 秋山)