博物館実習が行われました。

9月 12
Posted by kahakun Filed in 博物館実習・インターンシップ

8月24日(木)から9月4日(月)まで、愛媛県総合科学博物館で博物館実習が行われました。(8月29日・30日のお休みを除いた10日間)

その中からいくつかの活動を紹介します。

博物館講座・親子自然教室「葉っぱ図鑑をつくろう」の一場面です。この講座のために実習生は前日から1日かけて準備をしました。実際に植物の葉を採集し、学芸員さんから標本の作り方を教わった上で、講座の流れを一通り体験し、当日どんなところに注意したらいいのか、参加者との関わり方はどうしたらいいのかなどを確認しました。

この写真は、博物館の近くの川に入って、水生昆虫を採集し、学芸員さんと一緒に、名前と数を調べている場面です。これによって川の環境の良さを判定しますが、この川はきれいだということがわかりました。この活動は、博物館講座として毎年行われていて、小学生もたくさん参加します。ここで定点観測することによって、この川と周りの環境の変化を調べることができます。

博物館講座・科学実験教室「水のおもしろサイエンス ~表面張力のふしぎを探ろう~」で、実習生が表面張力を「水分子くん」を使って説明しているところです。

実験1「水でいっぱいのコップにビー玉を何個入れられるかな?」実験2「水でいっぱいのコップに洗剤を入れるとどうなる?」といった面白い実験がたくさん用意されて、子どもたちがグループになって予想しながら実験をしました。

これは、博物館の産業資料として登録する前に汚れを落としている場面です。イイダコをとる漁具です。数百mの縄に大きな二枚貝を約2.7mごとにつるして漁場に仕掛け、イイダコが貝に隠れて入っているところを引き揚げます。漁業者から愛媛県に寄贈の相談があり、博物館資料として保存することになりました。資料を保存する際には、このような地道な作業を行うこともあります。

実習も残り3日となり、図書館の本を調べたり、インターネットやパソコンを使ったりして、課題作成に集中しているところです。今回の課題は「企画展の企画書を作る」で、テーマは「宇宙」。博物館の展示の案内や展示法の講義を受けるとともに、課題の会場となる「特別展・VRスポーツサイエンス」も見に行き、毎日実習生は仲間と議論し合って、企画展の構想を練っていきました。

実習生の控え室の資料棚に張られた白い紙と多数の付箋。これは実習生が課題を設定するに当たって、宇宙から思いつく単語や疑問を付箋に書いてグルーピングしたものです。これをすることによって、付箋を貼ったり、移動させたり、質問したりと自由に意見を交換する雰囲気が生まれ、課題設定のヒントになった例もあるようです。

課題発表会の様子です。発表者のテーマを順にご紹介しましょう。「地球外に生命を探して」「宇宙×人」(宇宙飛行士になるまで)「銀河鉄道の夜 星めぐり展」「比べてみよう!宇宙のくらし展〜宇宙食に見る国際比較〜」「GRAVITY-重力で感じる宇宙-」「科学メガネでオーロラを見よう」「スーパーアース探索隊」面白そうなテーマですね。

課題発表をしている様子です。企画展示室の中をいくつかのゾーンに分け、それぞれの意図を説明しています。

文系の実習生が数名おり、理系の実習生も宇宙を専門とする人はおらず、企画展のテーマを決めるのは大変苦労をしたようです。

しかし、発表の中では、最新のVR技術や体験展示、斬新なアイディアが企画書に盛り込まれ、どれも行ってみたいと思うものばかりでした。

最後に課題発表に参加した人で記念撮影をしました。みなさんお疲れ様でした!

(企画・伊藤)

中学生の職場体験活動が行われました

7月 17
Posted by kahakun Filed in 博物館実習・インターンシップ

7月14日に合計9校17人7日間にわたって行われた中学生の職場体験活動が終わりました。

プラネタリウム関連では、投影前の準備を見学したあと、お客様をお迎えしてチケットの検印をしました。また実際にお客様を前にして生解説のアナウンスする体験もしました。

イベント関連では、7月15日〜17日にあった「プラネ池であそぼう!ひんやりおもしろ大作戦!!」に使う準備物の作成や現場設営のお手伝いをしました。

また、8月23日にある「教員のための博物館の日」の時に使う昆虫を採集して冷蔵保存し、当日先生が作業に使う展翅台を作るお手伝いもしました。

その他にも、図書館の本の整理作業をしたり、館内を見て回りながら、お客様をお迎えする仕組みやそこに関わる人の仕事の様子などの説明を受けたり、接遇の仕方を学んだりしました。

最後の終わりの会では「ここで学んだことを生活に活かしていきたい。」「みんなに発表して知らせていきたい。」「いろいろな職場があったけど、科博を選んで本当によかったと思う。」「博物館の裏側を体験できて博物館にもっと興味が湧いてきた。」などという感想が出され、中学生の心の中に一つでも多くのお土産を持ち帰ってもらえればいいなと思いました。(企画・伊藤)

インターンシップをおこないました

2月 18
Posted by kahakun Filed in 博物館実習・インターンシップ

2月4日から8日にかけて(火曜日は休館日でお休み)
新居浜工業高校の生徒4名がインターンシップ(就業体験)を行いました。

接遇研修① お辞儀の練習

接遇研修② お客様対応の講習中

館内アナウンス

科学技術館に展示してある体験展示「ころころ人形」と「ソーマトロープ」の作成

昆虫標本の整理

サイエンスショー実演「すごいぞ!大気圧パワー」 吸盤はどのぐらいの重さまで耐えれるのか?

サイエンスショー実演「すごいぞ!大気圧パワー」 空気がなくなったらどんなことが起こる?

インターンシップで頑張ってくれたみなさん、4日間お疲れさまでした。
博物館ならではの仕事を体験されて、より博物館の事を理解できたのではないでしょうか。
この経験を今後にぜひ活かしてください。

また、期間中に来館いただいていた皆さま、生徒を温かい目で見守ってくださり、
本当にありがとうございました。
(企画 岩本)

インターンシップ 新居浜工業高等学校

11月 16
Posted by kahakun Filed in 博物館実習・インターンシップ

今週火曜~金曜、地元の高校生のインターンシップを実施しました。

今回参加してくれたのは、新居浜工業高校の2年生の生徒さん3名。館内放送や接客、資料整理、
展示室撤収と設営など、博物館運営に関わる様々な業務を体験してもらいました。

↓こちらの写真↓は、先週末に終了した企画展の撤収作業の様子。展示物が所狭しと並ぶ、企画展の
開催期間中とは、だいぶ雰囲気が違いますね。

そして、本日金曜日は、サイエンスショーの実演も。 ↓

平日でしたが団体で来てくれていた幼稚園の子たちに、楽しく見てもらう事が出来ました。
手品のタネは、次々とこの子たちが見破ってくれました☆ みんなスルドイ!

インターンシップで頑張ってくれた高校生のみなさん、4日間お疲れさまでした。
慣れない作業も多かったかと思いますが、実体験から何かしらの手ごたえを持ち帰って
くれていたら嬉しいです。

そしてまた、インターンシップ期間中に来館いただいていた方たちも、温かい目で見守って
くださり、ありがとうございました。

<企画普及グループ 井上>

職場体験学習 (川東中、角野中)

7月 4
Posted by kahakun Filed in 博物館実習・インターンシップ

今週、また中学生の職場体験学習が始まりました。今日と明日、新居浜の川東中学校と角野中学校の2年生計6名がインターンとして様々な業務に挑戦してくれています。実習風景の写真をいくつか紹介しましょう。

ちょうど保育園団体のプラネタリウム観覧があり、ちびっこたちの対応を実習生の中学生にも体験してもらいました。

元気で無邪気なちびっこたち。中学生にとっては、(大人の)仕事の体験をしながら、自分の小さい頃を思い出す機会になったかもしれないですね。

そして、館内放送にもチャレンジ。

角野中学校は、本日ちょうど3年生が施設見学で訪れていました。 職場体験の2年生は、先生や先輩たちにしっかり見守られながらの館内アナウンスとなりました^^

みんな多かれ少なかれ緊張しながらも、なかなかスムーズで上手だったです。

1日目終了時に聞いた実習生たちの感想からは、彼らが、お客さんとして見ていた博物館とはまた違った、さまざまな面を見て知ることができた、ということが感じられました。博物館での仕事は、世にある多様な仕事のうちのほんの数例ではありますが、貴重な社会経験として、楽しみながら仕事に携わる実感を少しでも得られるよう、受け入れ側としても願っています。

2日目は、博物館の資料整理などを中心に取り組んでもらう予定です。引き続き、頑張ってくださいね。

<企画普及グループ 井上>